メインイメージ

HOME > 弊所について

弊所について

事務所理念「お客様のために親身になる」

親身になってサポートいたします

知的財産部門のメンバーとして御社の一員になったつもりで、知的財産面からお客様の事業の成長発展をサポートいたします。
御社の一員としての心構えがあれば、単純に権利化を強要したり、とりあえず権利が取れればよいといった不誠実な対応をすることはありません。サポートを通じて、お客様と共に成長させて頂ければと考えております。

丁寧な対応を心がけます

親身になれれば、必然的に丁寧な仕事ができると考えております。
特許庁への申請書類、御提案させて頂く戦略案など、気を配るべき点はできる限り突き詰め、きめ細かな対応、支援ができるよう心がけます。

お客様とのコミュニケーションを大切にします

誠実で分かりやすいコミュニケーションに心がけ、会話を大切にします。親身なサポートをするためには、お客様のお考えを正しくくみ取る必要があり、そのためにはお客様との信頼関係も重要となります。コミュニケーションを通じてお客様と相互に信頼関係を築けるよう努めます。

自己研鑽を怠りません

親身になって最善のサポートを行うには、知識や経験に裏付けされた実力も必要です。謙虚にあらゆる事を吸収し、自らも積極的に学習して実力を向上させていきます。

事務所理念「お客様のために親身になる」

大山や鳥取砂丘などの素晴らしい自然

パートリアは「ふるさと」に近い意味を持つラテン語(patria)から名付けました。
ふるさとを起点に社会に貢献したい、ふるさとである米子、山陰のために少しでも貢献したいとの思いから、この名前をつけました。

山陰には大山や日本海などの素晴らしい自然があり、20世紀梨、らっきょう、大栄スイカ、大山鶏といった様々な農畜産物、松葉ガニ、白いか、シジミ等の様々な海産物等、自然から取れる豊かな恵みがあります。農林水産業だけではなく、その他、倉吉絣のような伝統工芸品や、石州瓦等の地場産業もあります。

ところが県内総生産は47都道府県で鳥取県が最下位、島根県が45位に留まっており(平成24年度データ)、山陰の持つポテンシャルが必ずしも発揮されているとは言えない状況です。

一方で、出願件数だけでは単純に測ることはできませんが、鳥取県及び島根県における知的財産活動についてもまだまだ発展途上のように思われます(2014年統計)。

特許出願件数:鳥取116件(44位)、島根216件(35位)
意匠出願件数:鳥取19件(45位)、島根26件(39位)
商標出願件数:鳥取161件(最下位)、島根173件(46位)
国際出願(PCT出願)件数:鳥取7件(45位)、島根6件(46位)
地域団体商標出願件数:鳥取6件(最下位)、島根12件(38位)


知的財産を有効に活用することは、山陰ブランドを確立し一層強固なものとするために欠かせないものです。山陰ブランドの強化は、山陰の素晴らしい産品の価値を全国的、世界的に浸透させることに繋がります。農山漁村を始めとする山陰の各地には、伝統的な栽培法や飼育法、地域固有の伝統料理など特に意識されていない知的財産が豊富に存在しているはずです。

このような地域に眠る知的財産を総合的に活用することの重要性は、全国で取り組み始められている6次産業化においてもうたわれています。

弊所が山陰の知的財産活動の活性化に少しでもお役に立ち、山陰ブランドの確立及び強化、そして、山陰の素晴らしさを全国的、世界的に耀かせるお手伝いができればと考えております。

お客様のご要望に柔軟に対応できるようにするため、各オフィスでの執務予定は各月で流動的になります。執務予定は「お知らせ」に随時記載いたしますので、詳しくはお知らせ一覧をご参照ください。

なお電話でのご連絡につきましては、所長・弁理士の所在地に関わらず、連絡が取れるようになっておりますのでご安心ください。
弊所について
提供サービス
ご依頼の流れ